menu

クレジットカード換金の疑問徹底解説

クレジットカード換金の仕組み

人間社会は従来の現金主義より、より便利によりスマートに進化し続け、クレジットカードの使用は現代の日常生活に欠かせないものになりつつあります。
ネットでの買い物の際、クレジットカード決済にすれば代引き手数料はかかりませんし、銀行やコンビニに代金を支払いに行く手間も省けます。
クリックと入力だけで数日後には欲しかったものが家に届きます。

▼ 目次

クレジットカードがお金に変身してくれる?!

ネット以外の通常の買い物でも、クレジットカードの取り扱いがある店舗なら、カードを差し出すだけで簡単に商品を購入することができます。
ちょうど手持ちのお金が少なくてでも、今買わなくちゃ!という数万円のものがあった時、カードなら分割払いで月々の負担を少なく、すぐ欲しいものを手に入れることができます。

このように利便性の高いクレジットカードですが、他にもお得な使い道があることをご存知でしょうか?
なんとクレジットカードがお金に変身してくれるのです!というのは変な表現ですが、実際、クレジットカードで現金を手に入れることができます。
ああ、キャッシング枠でしょ?と思うあなた、実はまだ他にもあるのです。
それがショッピング枠を利用したクレジットカードの換金(現金化)というやり方です。

ショッピング枠を活用しましょう

枠とは利用限度額の内訳のことを指します。
利用限度額の内訳でキャッシングに使える部分とショッピングに使える部分があります。
ショッピング枠はお店やネットで買い物をカードでする場合、つまり通常のカードの支払いの利用限度額を指します。通常、ショッピング枠は50万円〜80万円に設定されています。
ショッピング枠は通常の取引実績を積んでいけば自動的に増えていきます。
キャッシング枠は、キャッシングが利用できる限度額を指します。
これも自分で設定が可能ですが、カード会社の定めた限度額を超えて設定することはできません。

今、どうしてもお金が必要だというときに親族や知人に頼るのも恥ずかしい、消費者金融を利用すると、審査や職場の在籍確認等、面倒なことも多いですよね。
そんな時は賢くショッピング枠を利用しましょう。

現金化の方法は個人で行うものと専門業者を介して行う2通りのパターン

ショッピング枠の現金化の方法は個人で行うものと専門業者を介して行う2通りのパターンがあります。
個人で行う場合は、換金性の高い(高く売れる)商品をクレジットカードのショッピング枠で購入し、これを質屋等に売る、または商品券やギフトカード、新幹線の回数券等を同様に購入し、これを金券ショップで売ることになります。
業者を介する場合には、ほとんどの場合は専門業者(現金化業者)をWEBで探して選び、業者が指定する商品をクレジットカードのショッピング枠で決済して購入することによって業者が指定する還元率に応じたキャッシュバックを現金で受け取る(振り込みの場合あり)ことになります。

ただし個人で行うことはカード会社が目を光らせているため、もし転売していることがバレたら、カードの利用停止処分等を受ける可能性もありますのでここでは業者を介する場合のみについてその仕組みを述べたいと思います。
業者を介して行う現金化の方法には直接来店して行うものと、インターネットを使って行うものがあります。
前述しましたがネット社会である現代では後者の方が主流なのでここではWEBサイトから申し込みを行う方法を紹介していきます。

優良業者の選定のポイントは3つ

まずはたくさんあるWEBサイトから最も適当なものを選ぶ必要があります。
これが現金化の手順の中で一番大切な部分と言っても過言はありません。
悪徳業者に捕まってしまうと大変な目にあいます。
注意すべき悪徳業者は後述するとして、一般的な優良業者の選定のポイントは3つあります。
1つは現金化までのスピード、2つ目は還元率、3つ目が申し込みの最低金額です。

1現金化までのスピード
現金化までのスピードは早ければ早いほどよいです。
最近ではWEBからの申込みで最短5分などど謳っている業者も多くあります。
数日を要する業者もありますが、悪徳業者の可能性もあるのであまりおすすめできません。
ただし、お急ぎの方は10分で、時間に余裕のある方は数日で、とお客様のニーズに応えたプランを用意している業者もあります。
この場合、時間が短いほど還元率は低くなりますが、理にかなったプランなので優良業者とみてとれます。
また、優良業者の中には急ぎでの対応でも還元率に変動の無い業者も存在する為、クレジットカード現金化業者の口コミなどで調べてみても良いでしょう。

2還元率
還元率とは自分が申し込んだ金額のうち、自分が受け取れる金額を算出するための割合です。
申し込み金額に還元率を乗じた金額が、自分が受け取れる金額です。
すなわち、選ぶ業者はなるべく還元率の高い業者にするべきです。
還元率は業者によって70%から90%以上とさまざまです。
申し込み金額が大きければ大きいほど1%の違いも大きくなります。
前述したとおり、一般的には時間のかからない業者ほど還元率は低く、時間が長い業者ほど還元率は高くなる傾向にあります。
そこで、自分が現金を受け取れる時期に確実に現金が手に入り、なおかつ還元率の高い業者選びをすることがベストです。
還元率を重視したばっかりに必要な時期までに現金が手に入らなかったなどという失敗はしたくないですよね。
そのためには数日を要するパターンで申し込む場合には、「○日までに振り込んでいただけますか?」と事前に確認を取っておきましょう。

3申し込みの最低金額
業者は申し込みに際して最低金額を設定しています。
これは、余りに少額な申し込み金額だと商品発送の送料や各種手数料が賄えなくなってしまうからです。
最低1万円からとしている業者が多いようです。
逆に考えれば、申し込み金額が高ければ高いほど業者の利幅は大きくなっていくので、業者側はできるだけ高い申し込み金額がほしいわけです。
そのため、申し込み金額が高いほど還元率も高く設定しています。
したがって自分が現金化したい金額が申し込みの最低金額に達しているか否か、その際の還元率はどれくらいか等をしっかりチェックした上で申し込みをするようにしましょう。
なお上限金額は設定されていないのでショッピング枠内であればいくらでも申し込みが可能です