menu

クレジットカード換金に必要なもの

HOME » 換金の疑問 » クレジットカード換金に必要なもの

クレジットカード換金に必要なもの

クレジットカードの換金に必要なものは、ショッピング枠のある自分名義のクレジットカードと身分証明書と業者からの入金に必要な銀行口座の3点です。
前述した方法でショッピング枠があるクレジットカードかどうか確認してから持ち込みましょう。
身分証明書は運転免許証、健康保険証、住基カード、住民票、パスポートなどです。
住民票や健康保険証には顔写真がついていないため、公共料金等の請求書など、他の書類とあわせて提出する場合もあります。
事前に利用する業者に確認しましょう。

クレジットカードの換金は借入れではないので審査書類は必要ありません。
身分証明書が必要な理由はクレジットカードがたとえ身内でもカードの持ち主以外の人が利用することができないからです。
他人のカードの不正利用(盗難されたクレジットカード、偽造クレジットカード等)もあり得るため、クレジットカードの換金を利用する人がカードの名義人なのか事前に確認するために身分証明書の呈示を義務づけているのです。

身分証明書の呈示が必要となると、心配になるのは個人情報の漏えいです。
WEB申し込みで現金化するのはとても手軽ですが、相手の顔が見えない分不安にもなりますよね。
ただ個人情報の漏えいは現代ではどんな場合でもその危険性は拭えません。
換金(現金化)業者も優良業者なら個人情報の取り扱い(管理)は厳しくしているはずです。
ひとつの目安として口コミでリピーターの多い業者は優良店の可能性が高いです。
業者選びはこの点においても非常に重要になります。

どうしても身分証明書を呈示するのが嫌だという人は自分で現金化をするしか方法がありません。
高額で転売できる商品をクレジットカードのショッピング枠で購入し、自分で転売しなければなりません。
この場合、カード会社に気付かれるリスクが高いです。
全部自分でしなければならないので手間や時間もかかります。
もしカード会社に気付かれれば利用停止にもなりかねません。