menu

クレジットカード換金の手順

HOME » 換金の疑問 » クレジットカード換金の手順

クレジットカード換金の手順

クレジットカード換金(現金化)の手順はまず、現金化業者を選ぶことから始めます。
業者は店舗を設けているタイプとWEBで申し込みを受けるタイプがあります。
ネット環境が発達した昨今では後者の方が主流であるため、ここではWEBから申し込みを行う方法を紹介していきます。

ネット上にはたくさんの現金化業者がいます。
その中から、自分が持っているカードが使えるところ、還元率やその他手数料等の注意事項が自分の希望とマッチする業者を選びましょう。
申込み方法は概ね、電話かメール、申し込みフォームからの申込みになると思います。
そのどれかで自分の住所、氏名、電話番号、希望額、連絡が取れる時間帯等を知らせて申し込みを行います。

申込みを行うと、連絡が取れる時間帯に業者スタッフから電話があります。
ここで、利用方法や換金率の説明、利用の意志確認などが行われます。
優良業者ならスタッフも丁寧な対応をしてくれるので、初めてでわからないことや不安なことは納得できるまでしっかり聞きましょう。
そしてきちんと納得がいってから利用の意志を伝えるようにしましょう。

次は身分証明書の提出を求められます。
免許証、保険証、パスポートなどの身分証明書をFAXや写メールなどで送付します。
これは単純に本人確認のためだけに行われます。
本人確認が済むと、業者が指定した希望額に応じた商品をクレジットカードで購入します。

本人が商品を購入したことを業者が確認したうえで、業者から本人の指定口座に振り込みがなされます。
ここで気をつけたいのは指定口座の営業時間についてです。
ネットバンキングを持っている人なら何ら問題はないのですが、そうでない場合、土日祝日などで振り込みが遅くなる場合があります。
もし一刻も早く現金が必要というような場合には、間に合わないかもしれません。
そのようなことにならないよう、ネットバンキングを持っていない人は指定口座の営業日や時間を考慮して申し込みをするようにしましょう。

その後、購入した商品が届きます。
通常の買い物と同じ要領で届けられるので家族になんら怪しまれることはありません。
ただし気を付けるべきは、商品購入の返済が終わるまでは絶対にその商品を転売してはいけないということです。
転売してしまうとクレジットカード会社に対し詐欺行為を働いたことになるからです。
以上の手順をもってクレジットカードの換金(現金化)は完了します。