menu

クレジットカード換金の方式

HOME » 換金の疑問 » クレジットカード換金の方式

クレジットカード換金の方式

クレジットカード換金(現金化)の方式は2つあります。
1つは「商品買取り方式」もう1つは「キャッシュバック方式」です。
「商品買取り方式」とは、現金化業者が指定する商品や、現金化業者が販売している商品を利用者がクレジットカードを利用して購入し、現金化業者が換金率に応じた価格で買い取ることをいいます。
インターネットが普及する以前はこの買取り式が主流で、店頭で金券やブランド物のバッグ、貴金属類を購入し、その場で売却されていました。

「商品買取り方式」は実店舗で簡単に申し込みができる特徴があります。
システムも簡単で、街中でよく見かける質屋等によく似ているため、初めての人でも実際に取引することで安心感が得られます。
手元に商品が残るので、万が一トラブルが発生しても対処がしやすいです。

例えば、キャッシュバック方式のWEB申し込みでは商品は購入したが、振り込みが行われないなどというトラブルにあう可能性があります。
これは悪徳業者にかかってしまった場合ですが、「商品買取り方式」はそのような場合のリスクヘッジができます。
「商品買取り方式」のデメリットは「キャッシュバック方式」のメリットにもなることですが、わざわざ店舗に足を運ばなくてはいけない、商品を郵送したり等の手間がかる、振り込みまでの時間がかかるというものがあります。

「キャッシュバック方式」とは業者が指定する安価な商品をクレジットカードのショッピング枠で買取り、還元率と言われる率に従ってキャッシュバック(振り込み)を受けるというものです。(手数料は別途差し引かれます)
逆に考えると「キャッシュバック方式」ではほとんどの手順がインターネット上で可能なので、申し込みから最短5分でキャッシュバックが可能と謳っている業者もいるほどです。
ネット環境のある人なら簡単に申し込みから振り込みまでの手順ができます。
ただ、これも「商品買取り方式」と逆になってしまいますが、悪徳業者に捕まるリスクがあるということです。
事前に入念なチェックを自分で行い、利用しようとしている業者が悪徳業者ではないかどうか、判断しなければなりません。