menu

クレジットカード換金の注意点

HOME » 換金の疑問 » クレジットカード換金の注意点

クレジットカード換金の注意点

クレジットカード換金(現金化)はとても便利なものではありますが、ネット上にはクレジットカード現金化に関わる注意喚起が非常によく見られます。
これは現金業者の中に悪徳業者が混ざっているからです。
急な現金の必要性に迫られて、慌てて、間違った判断をしてしまうと、悪徳業者に捕まってしまう可能性があります。
はやる気持ちを抑えて、以下の注意点をチェックし、優良業者を見抜く目を養いましょう。

過去に被害にあった人の例をあげると、
1商品購入後の振り込み金額が約束通りの金額ではなかった。
2商品購入後に振り込みがなく、連絡が取れなくなった。
3サイトに記載されていた高還元率を期待して申し込みをしたが、多額の手数料を取られ、希望通りの現金が手に入らなかった。
などというものです。
これらの事例を見ると、もし悪徳業者だったらと、腰が引けてしまうかもしれません。
しかし以下にご紹介するポイントさえ押さえておけばまず、悪徳業者に引っかかることはないので面倒でもチェックはしておきましょう。

1申し込みフォームのURLを確認する
通常、個人情報保護の観点から申し込みフォームは「https」から始まることが多いです。
セキュリティ管理がされている業者かどうかURLを確認しましょう。

2業者が実在するかどうかを確認する
WEBの会社情報欄を見て、住所を確認し、グーグルストリートビュー等で、実際に業者が実在するかどいうか確認しましょう。

3お金に関する情報を確認する
還元率、手数料や送料はいくらか等お金に関する情報を細かく確認しましょう。
それらが詳細に記載されていなかったり、電話があった時確認しても言葉を濁す業者は怪しいです。

4口コミ情報を確認する
口コミ情報は悪徳業者が自ら書き込んで誘導するものもあるので、ほめているものは度外視し、この業者に騙された!等の被害者の叫びに目を配りましょう。

5業者の実績を確認する
会社情報の欄で設立年月日を確認してみましょう。
新興のサービスであるためまだ全体的に歴史は浅いとは思いますが、悪徳業者ではそう長く続けられるものではありません。

6条件が良すぎないか確認する
現金化までのスピードは速く、還元率は異常に高く、手数料も安い、といったあまりにも好条件の業者は逆に疑ってかかりましょう。
もしそのような業者を見つけたら、上記の確認事項に照らし合わせて、クリアしていても慎重に申し込みを行いましょう。