menu

クレジットカード換金の種類

HOME » 換金の疑問 » クレジットカード換金の種類

クレジットカード換金の種類

クレジットカードを換金する場合の種類とはまず、クレジットカードのキャッシング枠を使って換金する方法とショッピング枠を使って換金する方法の2つがあります。
枠とは利用限度額の内訳のことを指します。
利用限度額の内訳でキャッシングに使える部分とショッピングに使える部分があるということです。

ショッピング枠はお店やネットで買い物をカードでする場合、つまり通常のカードの支払いの利用限度額を指します。
通常、ショッピング枠は50万円〜80万円に設定されています。
ショッピング枠は通常の取引実績を積んでいけば自動的に増えていきます。
キャッシング枠は、キャッシングが利用できる限度額を指します。
これも自分で設定が可能ですが、カード会社の定めた限度額を超えて設定することはできません。

ショッピング枠とキャッシング枠は別々に独立しているわけではありません。
ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれている状態にあります。
キャッシング枠ではその枠内のお金をクレジットカードからATMでそのまま引き出せ(換金でき)ます。

ショッピング枠を利用した換金方法は、クレジットカードで商品を買い、よそに転売する「商品買取り型」とキャッシュバックを行っている現金化業者を見つけ、その業者でキャッシュバック対象の商品を購入する「キャッシュバック型」の2通りが代表的な方法です。
「商品買取り型」は個人で転売する場合と現金化をしている実店舗を探して転売する方法があります。
「キャッシュバック型」はほとんどの場合web上で営業している業者を見つけることから始めます。

「商品買取り型」は個人で転売するにしても業者を見つけて転売するにしても、実際に商品を手にして、店舗を利用してできるので、安心感は感じられます。
ただ商品を郵送したり、店舗に行く手間や時間がかかり、カード会社に睨まれやすいという点では「キャッシュバック型」に劣ります。

逆に「キャッシュバック型」ではweb上と電話だけで換金することができ、非常にスピーディな利用が可能です。
しかしwebだけで申し込むので悪徳業者に引っかかってしまうリスクを伴います。